麻酔科

診療科の特色

麻酔は手術をする際には不可欠なものです。手術内容や患者さんの状態により全身麻酔、硬膜外麻酔、脊髄くも膜下麻酔を選択します。医療や技術の進歩により麻酔は以前と比べてかなり安全になりましたが、重篤な合併症を持つ患者さんや高齢者の麻酔では危険が伴うことがあります。そのような患者さんに対しても、当科では麻酔科専門医がそばにいて出来る限りの安全性を確保し、術後痛みのない麻酔を行うように心がけています。手術前日に麻酔の説明いたしますので、何かあれば遠慮なく麻酔科医にご質問ください。

当麻酔科はペインクリニックも行っております。ペインクリニックは急性・慢性を問わず痛みを治療する科であり、山口県では数少ない痛みの専門診療科です。痛みには、身体の異常事態を教えてくれる大切な働きがあります。しかし、それが続くと生活の質を低下させることになります。そこで痛みを早く和らげることが大切になります。ペインクリニックでは薬や神経ブロックなどの方法を用いて痛みを和らげ、仕事や日常生活をしやすくする工夫をしています。薬物治療では今までの痛み止めを使っても効果がない痛みに、あなたに合った薬を見つけて治療します。神経ブロックは、痛みの原因となっている神経の働きを抑えることで様々な痛みを治療します。痛みの治療にあたり、痛みを専門的に診察し、診断と適切な治療を計画していくのがペインクリニックです。

他に、重症患者での病棟における人工呼吸管理なども麻酔科の重要な仕事です。

専門分野

  • 帯状疱疹、帯状疱疹後神経痛:帯状疱疹関連の痛み(52)
  • 腰下肢痛:長引く腰や下肢の痛み(21)
  • 頚肩腕症候群:長引く首、肩、腕の痛み(18)
  • 頭痛:片頭痛をはじめとした頭痛(15)
  • 三叉神経痛:顔面の激しい痛み(7)
  • がんの痛み:がんやがん治療に伴う痛み(3)
  • 手術後の痛み:手術後1ヶ月異常続く創部痛など(2)
  • 顔面神経麻痺、突発性難聴(1)
  • 幻肢痛:失った腕や下肢の断端や先端の痛み、線維筋痛症:原因不明の全身の痛み、
    その他(13)
    (2014.10.1~2015.7.31の新患数)

特殊治療

低出力レーザー(キセノン光、スーパーライザー)、トリガーポイント注射、イオントフォレーシス、星状神経節ブロック、三叉神経ブロック、浅頚神経叢ブロック、肩甲上神経ブロック、肩関節注入、膝関節注入、ワンショット硬膜外ブロック、持続硬膜外ブロック、頚・胸・腰神経根ブロック・サーモ、頚・胸・腰椎間関節ブロック・サーモ、仙骨硬膜外ブロック、腕神経叢ブロック、肋間神経ブロック、局所静脈内交感神経ブロック、ケタミン療法など

麻酔指導医1名、麻酔専門医2名、ペインクリニック専門医1名

ペインクリニック 月~金 8:30~12:30

診療日程表

疼痛外来
山本 智久
術前診察
清島 隆
疼痛外来
山本 智久
術前診察
清島 隆
疼痛外来
清島 隆
術前診察
内田 雅人
緩和ケア
10:00~12:00
内田 雅人
疼痛外来
内田 雅人
術前診察
清島 隆
疼痛外来
山本 智久
術前診察
内田 雅人

担当医の紹介

山本 智久(院長)
山本 智久(院長)

取り扱っている主な疾患・手術等ペインクリニック、神経痛外来、帯状疱疹、帯状疱疹後神経痛、腰痛、肩痛、膝痛、その他各種神経痛、神経ブロック

専門分野ペインクリニック神経痛外来、麻酔管理、人工呼吸管理

主な検査・医療機器X線透視下神経ブロック、CT、MRI、透視装置、リージョンジェネレーター、光線治療、イオントフォレーシス

所属学会・専門医等日本麻酔科学会専門医、日本ペインクリニック学会、麻酔指導医、ペインクリニック専門医

専門外来ペインクリニック、神経痛外来

清島 隆(医長)
清島 隆(医長)

取り扱っている主な疾患・手術等麻酔全般、ペインクリニック(帯状疱疹、帯状疱疹後神経痛、神経障害性疼痛、頭痛、顔面痛、脊椎疾患、癌性痛など)

専門分野麻酔管理、神経ブロック、ポツリヌス療法

主な検査・医療機器レントゲン透視、キセノン光、イオンフォレーシス

所属学会・専門医等日本麻酔科学会専門医、日本ペインクリニック学会専門医

内田 雅人(医長)
内田 雅人(医長)

取り扱っている主な疾患・手術等麻酔全般、ペインクリニック、緩和ケア

専門分野麻酔管理、人工呼吸管理、ペインクリニック、緩和ケア

所属学会・専門医等日本麻酔科学会専門医、日本ペインクリニック学会

専門外来麻酔術前診察、神経痛外来

トップ

メニュー

お電話でのお問い合わせはこちら

0836-83-2355