医療技術部

西村医療技術部長

医療技術部では、医療スタッフ間の連携及び専門性の向上に努め、チーム医療を実践しています。
また、院内各種委員会(医療安全、院内感染対策、栄養サポート、化学療法など)においても専門性を活かして、質の高い医療を実現するための活動を行っています。

医療技術部長 西村 篤弘

薬局

薬局では患者様が安心して薬による治療が受けられるよう、医師・看護部・その他の業種と情報を共有したり、連携を取りながらよりよい薬物治療をサポートしています。
私たちが、毎日行っている様々な業務についてご紹介します。

調剤

調剤

処方せんに基づいて薬を取りそろえ、説明してお渡しする仕事です。
薬の量や使い方が正しいのか、飲み合わせや重複がないかなどのチェックをして、疑問がある時には処方した医師へ確認して調剤しています。
処方されたお薬のことがよくわかるように、わかりやすい薬袋を作成し、説明書などの情報も付けてお渡ししたり、お薬手帳への記載も行っています。

薬を飲みやすくするために、錠剤をくだいたり、分割したり、服用時間ごとに1袋にしたり(一包化)、工夫もしています。

注射薬の調剤

注射薬の調剤

注射薬も、注射処方せんに基づいて取りそろえ、投与量や投与方法、混合後の安定性など、内容について様々な確認を行って調剤しています。

注射薬の混合(無菌調製)

注射薬の混合(無菌調製)

食事がとれない患者さんの栄養補給のための高カロリー輸液などの特別な注射薬については、薬局のクリーンベンチで無菌的に混合しています。

特に抗癌剤は、取り扱いが難しいので、安全キャビネットという装置の中で混合しています。
また、抗癌剤の投与計画、投与量、投与方法なども患者様ごとに充分にチェックしています。

薬剤管理指導・服薬説明

薬剤管理指導・服薬説明

吸入薬やインスリンなど正しい使い方の説明が必要な場合には、服薬説明を行います。
入院患者様の薬については、直接ベッドサイドにお伺いして、持参薬や注射薬も含めた薬の管理・指導をして安全で有効な治療のお手伝いをしています。(薬の効果、使い方、保管方法、注意点などの説明、正しくのみやすくする工夫、副作用のチェック、薬に対する疑問や不安にお答えすることなど)

薬剤鑑別

薬剤鑑別

入院時など、患者様が持参または使用されている薬を調査して報告書を作成しています。
同成分や同効の採用薬報告は、当院採用薬への変更の際に活用されています。
血栓を予防する抗凝固薬など、手術前に服用中止すべき薬がないかについても確認して報告しています。

医薬品情報(DI)の管理・提供

薬を安全で適正に使用するには、使用方法や副作用などの薬の知識や最新情報が大切になります。この医薬品情報を収集・管理して、医師や看護師などへ提供したり、質問に答える活動をしています。
DIニュース、院内採用薬リストを定期的に発行したり、安全性情報をタイムリーに院内に周知することで、情報面から薬物療法を支えています。

院内製剤・その他

院内製剤/市販品で対応できない場合など、必要に応じて病院独自の薬を、衛生的(無菌的)に製剤しています。
その他の業務/院内の各種委員会への参加、薬の安全管理業務、発注・供給・在庫管理、採用や治験に関する業務などもあります。

薬局では、患者様にとって最も安全で有効な薬物療法が受けられるように、活動しています。薬に関することはどんなことでも、お気軽にご相談ください。

臨床検査室

得られた検査結果を判断する物差しの役目をする基準値は、残念ながら絶対的なものではありません。
基準値は一般に健康であると考えられている人々の年齢や性別に相応した平均的な数値です。人それぞれ個性があるように検査値にも個人差があります。さらに朝と晩、季節、その日のコンディション、心の状態などによっても違うことがあります。個人基準値をすべての検査項目について持つことは不可能ですから、せめて健診等で得られた健康な時の測定値を記録しておくことをお勧めします。又、基準値は検査を実施する施設や測定方法などでも異なります。
1つ1つの検査値に一喜一憂することなく総合判断に注目して治療を受けたり生活改善をしていくことが大切と思われます。
自動血球分析装置(写真)を紹介します。血液の中には有形成分として赤血球・白血球・血小板等があり、それを自動で測定する装置です。

検査結果説明書(PDF)

放射線室

診療放射線技師 6名、事務員:1名

概要

画像診断室ではCT・MRI・CRなどの装置を用い、診療で発生する画像関係の大部分を取り扱う業務をしています。また、手術室においても医師の手術サポート業務を行っています。
画像はすべてデジタル画像となっています。各診療科とは常に連携をとりながら検査を行っております。特に放射線科とは緊密な協力体制をとっています。

放射線室で管理している装置

一般X線撮影装置 3台
X線TV装置(透視撮影装置) 2台
X線CT装置 80列
MRI装置 1.5T
X線血管造影撮影装置(FPD)
ポータブルX線撮影装置 2台(うち手術室1台)
外科用イメージ装置 2台
X線骨密度測定装置 1台
歯科用パノラマX線装置 1台
乳房撮影装置 1台
腎結石破砕装置 1台

栄養管理室

食事管理

食事管理

入院中の食事は「治療中のひとつ」であると考えております。食品の安全を適切に行い、食事に満足を感じていただける食事提供をすることが入院生活のQOLを高めると考えております。
季節の食材を取り入れ保温、保冷の配膳車を使用し美味しく食べていただけるようにしております。

栄養相談

栄養相談

食事療法の必要な方に主治医の指示に基づき栄養指導を行っております。
食事指導は、日々の生活の中で実施できる物でなければ持続性がなく効果がでません。
その方にあった方法を一緒に考え適切な方法を見つけていくことを第1に考えております。

食事時間

朝食 7:30、昼食 12:00、夕食 18:00

お祝い膳

お祝い膳 お祝い膳

ご出産おめでとうございます。ささやかですがお祝い膳としてお召し上がりください。
当院の調理を担当しております、日清医療食品の調理師が真心こめて手作りしております。パンも当院で焼いています。

臨床工学室

臨床工学技士(ME)とは

臨床工学技士(ME)とは

臨床工学技士(ME)とは聞いた事もない方が多いと思いますが、どのような職業なのでしょう。
1987年に誕生し法律的に説明すると「医師の指示のもとに「生命維持管理装置」の操作及び保守点検を行うことを業務とするもの」と定義されています。 また、MEとはMedical Engineering の頭文字を取っています。
生命維持管理装置などを操作するためには医学と工学の両方の分野にまたがる実際的な知識が必要で、臨床工学というように、医療上の職種の中に工学という言葉が入れられた事は、最近の最先端医療の流れを象徴していると思います。
学生さんで医療と工学に興味のある方、進路で迷っている方 臨床工学技士になってみませんか!

歯科衛生士室

私たち歯科衛生士は、全身麻酔下での手術をうけられる患者様、化学療法をうけておられる患者様の周術期口腔ケアを行っております。肺炎などの合併症を引き起こさないよう、お口の中を清潔に保つことはとても大切なことです。

糖尿病教室では、奇数月の第三水曜日を担当し、歯周病と糖尿病についてお話ししています。

歯石除去や歯の清掃だけのご希望の方でも受診を受け付けておりますので、お電話や歯科口腔外科窓口にて予約をご相談ください。

トップ

メニュー

お電話でのお問い合わせはこちら

0836-83-2355