整形外科

診療科の特色

 当科では、外傷、関節疾患、手の外科疾患、リウマチ、脊椎疾患をふくむ多くの整形外科疾患に対応する保存的治療、外科的治療をおこなっています。当院リハビリテーション部とも綿密な連携をはかり、理学療法士、作業療法士と病棟回診、カンファレンスを通じて、入院時のみでなく、外来通院でのリハビリも可能なかぎりおこない、患者様の機能回復に努めています。

専門分野

 疼痛に関しては、当院ペインクリニック(麻酔科)と協力して、さまざまなブロック療法、薬物療法をおこない、手術療法が必要な場合は、検討のうえ椎弓形成術、ヘルニア摘出術、椎体固定術などをおこなっております。
 骨粗鬆症については、骨密度検査、血液検査を駆使し、最適な薬物療法を目指しております。

特殊治療

 80歳以上のご高齢患者に対しましては、内科をはじめとする他科との連携のもと、安全に治療ができるよう努めております。手術内容においても、安全性をみながら最小侵襲手技に基づいた方法をできるだけおこなうように心がけております。

診療日程表

一診
脇阪 敦彦
ニ診
金子 昇(新患)
一診
河合 伸也(新患)
ニ診
金子 昇
三診
前田 崇
一診
河合 伸也
ニ診
脇阪 敦彦
三診
柿並 康太郎*(新患)
一診
脇阪 敦彦(新患)
ニ診
前田 崇
一診
前田 崇(新患)
ニ診
金子 昇

*は非常勤医師

担当医の紹介

河合 伸也(顧問)
河合 伸也(顧問)

取り扱っている主な疾患・手術等整形外科一般

専門分野脊椎疾患、リハビリテーション

所属学会・専門医等日本整形外科学会専門医、日本脊椎脊髄病学会

専門外来脊椎疾患、一般整形外科

脇阪 敦彦(診療部長)
脇阪 敦彦(診療部長)

取り扱っている主な疾患・手術等整形外科一般、人工関節置換術(股・膝)、外傷関節外科

専門分野股関節、膝関節、リウマチ、スポーツ専門医

主な検査・医療機器CT、MRIを利用した3Dシステム、関節鏡、エコー装置

所属学会・専門医等日本整形外科学会専門医、日本股関節外科学会、日本人工関節学会、日本骨代謝学会

金子 昇(医長)
金子 昇(医長)

取り扱っている主な疾患・手術等整形外科一般

専門分野整形外科一般

所属学会・専門医等日本整形外科学会専門医、日本手外科学会

前田 崇(医長)
前田 崇(医長)

取り扱っている主な疾患・手術等外傷、骨折に対する骨接合術

所属学会・専門医等日本整形外科学会専門医

専門とする領域の診療内容

外傷

 実績としては特に高齢者の骨折、背椎圧迫骨折などが多く、安全性に注意し、必要な場合は麻酔科の協力を 得て、可能な限り外科的治療をおこなうようにしております。

関節外科

 股関節、膝関節ともに人工関節による関節機能再建と、特に膝関節に対しては、関節鏡を使用した半月板切除や滑膜切除をおこなっております。現在のところ人工関節置換術の最も重篤な合併症である術後感染もおこしておりません。変形性関節症、大腿骨頭壊死に対する関節温存手術(骨切除)や、靭帯再建術も可能です。

手の外科

 神経伝達速度検査もとりいれ、手根管開放術や、神経損傷などについてはマイクロサージェリーなどの技術を用いて取り組んでおります。

脊椎疾患

 疼痛に関しては、当院ペインクリニック(麻酔科)と協力して、さまざまなブロック療法、薬物療法をおこない、手 術療法が必要な場合は、検討のうえ椎弓形成術、ヘルニア摘出術、椎体固定術などをおこなっております。
骨粗鬆症については、骨密度検査、血液検査を駆使し、最適な薬物療法を目指しております。

関節リウマチ

 手術療法のみならず、薬物療法にも取り組んでおり、とくに生物学的製剤等効果はあるものの副作用の危惧される薬物も、内科、放射線科の協力を得て、可能な限り安全に行うよう努力しております。

トップ

メニュー

お電話でのお問い合わせはこちら

0836-83-2355