神経内科

神経内科

診療科の特色

神経内科は脳・脊髄・末梢神経および筋肉の疾患を内科的に診断・治療する科です。脳卒中、頭痛(片頭痛、緊張型頭痛など)、脳炎・髄膜炎、てんかん、アルツハイマー病、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋ジストロフィー、重症筋無力症、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症などが代表的な病気です。ごくごく身近な病気(脳卒中、頭痛など)からいわゆる難病といわれている難しい病気まで幅広い疾患の診察を行っています。
これらの病気が原因でおこる症状としては、歩きにくい、立てない、転びやすい、しびれや痛みがある、手足や首がふるえる、動作が遅い、意識がはっきりしない、時々意識がなくなる、けいれんがおこる、頭が痛い、めまいがする、物忘れが多い、ろれつがまわりにくい、まぶたが下がる、ものが二重に見える、顔が曲がっている、顔の一部がピクピクする、飲み込みにくい、体や手足に力が入らないなどです。神経内科はこのような症状の患者さんを診察し、診断・治療を行う科です。

診療日程表

午後
佐野 泰照*

*は非常勤医師 完全紹介予約制

トップ

メニュー

お電話でのお問い合わせはこちら

0836-83-2355